トイレリフォームは壁紙選びも重要だということを知っていますか?

トイレリフォームを悩んでいる女性

和式から洋式へトイレリフォーム

可愛らしい女性

大阪の堺にある私の実家は以前、和式トイレを使用していました。当時こそ違和感なかったですが、よくよく考えると肉体的にも不便な構造ですよね。祖父が高齢に差し掛かってきた事もあり、思い切って洋式へトイレリフォームを実行してみました。洋式から洋式のトイレリフォームですとホームセンター等から気軽に行えるイメージですが、和式からとなりますので、まずは業者さんに状況確認をして頂く事としました。全ての業者さんが該当するかは不明ですが「実地+見積もり」のみ場合、無料のケースも多いので是非ご活用下さい。
実家のトイレは下地がコンクリートだったので、和式トイレを取り除いた後、穴埋め作業が必要となりました。作業自体はすぐに終わりましたが、乾かすまでに3日間。その期間、私の家の場合はトイレが数か所あったので問題はなかったです。乾いた後は洋式トイレの設置となり、業者さん依頼の場合はカタログから好みの便器を選ぶはずです。現在はスペースや節水を加味した一体型便器が人気のようで、便利な点が特徴ですがお値段はそこそこの印象です。従来型の組み合わせ便器は、お値段がお手頃になっています。実際のトイレリフォームとしては期間5日間、費用は35万だった記憶があります。便器・設置費よりも下地に費用がかかりました。

トイレリフォームを成功させるためには

トイレリフォームをするのであれば成功させたいものです。やはりトイレリフォームというのはかなりお金がかかります。だからこそトイレリフォームに失敗したくないと思うのは当たり前のことかと思います。ではトイレリフォームを成功させるためには何が重要なのでしょうか。
まずはトイレリフォームには、快適性が必要になります。トイレというものは毎日使うものであり、トイレにいる間に使いにくかったりしたら嫌なものです。だから、トイレは少しゆとりがあるように広く設計してもらったほうが良いでしょう。トイレが狭くて圧迫感があったら、それだけでストレスになってしまうのです。そうならないためには、空間にゆとりを持たせておくことが重要です。
次に、トイレという場所は湿気が多い場所なので、壁紙には湿気を吸ってから調節してくれるような壁紙を使っていきましょう。それだけでなくトイレというのは使っていくうちに臭くなってしまうので、消臭機能があるような壁紙も使っていくことが必要でしょう。だからトイレリフォームは壁紙選びもとても重要であると言えます。これらのことを意識してからトイレリフォームを進めていけば、トイレリフォームは納得できると思います。

自宅のトイレリフォーム体験について

これまでに堺にある自宅のリフォームを何度か体験してきたのですが、自宅のトイレのリフォームは最近になって初めてやりました。それで実際に自宅のトイレリフォームをやった感想ですが、多少お金は掛かりましたが、実際にトイレリフォームをやって良かったです。それはどうしてかというと、それまで使っていたトイレが和式のトイレだったという事もあってずっと使い辛いと思っていました。特に我が家にはもう結構な高齢になる祖父がいるので、いつ和式トイレで転んで怪我をするかも分かりません。ですから、お金は掛かりましたが自宅のトイレリフォームをやって良かったと思いました。ただ、このトイレリフォームというのも実際にやってみると思った以上に大変な工事になりました。なぜなら、それまで使っていた和式のトイレを洋式のトイレにリフォームしたのでトイレの空間も調整しないといけないなって。
ただトイレを替えるだけで済まずにトイレ空間も大きくする必要が出てかなり大掛かりな工事になりました。
ですからかなり工事は大規模なものになって大変でしたし、費用も思った以上に掛かりましたが快適にトイレが使えるようになって良かったと思っています。しかも高齢でない私も和式よりは様式が快適に使えると思ったので本当に良かったです。

和式トイレが不便だと感じている方は是非トイレリフォーム堺三井のリフォームへお問い合わせください。トイレは10年ほどで故障や不具合が生じることが多いので10経った方は要チェックです。