トイレリフォームは壁紙選びも重要だということを知っていますか?

トイレリフォームを悩んでいる女性

うちのトイレリフォームの失敗談

祖母の代から使ってきたトイレが壊れ、便器を変えることになりました。祖母は何でも大きいものが好きで、今まで使っていた洋式便器も大きいものだったのでトイレの中が狭く、今度は小ぶり(というか、標準サイズ)のものにしようと、ホームセンターや電気屋さんなどあちこちで便器を見て回りました。前の便器は、流れる部分に水がやたらと溜まっている便器で、流れるときの勢いもすごくて、絶対水がもったいないよなと思っていたので、その辺も考慮して、値段も手頃な便器を選びました。
タンクの上の水が出てくる手洗いの部分はあまり使うことがなく、水がはねて壁が汚れるのも嫌だったので、手洗いのついていないタイプのタンクを選びました。工事はほんの小一時間ほどで済みました。早速使ってみると、予想外に便器の高さが高かったのです。高さはどんな便器もだいたい同じだろうと、選ぶ基準には入っていませんでした。特に子供は足がつま先しかつかなくなって、「これじゃ力が入りにくいよ・・・。」と言っていました。そして、思った以上に水の流れる勢いが弱く、小で流すとトイレットペーパーが必ず残ってしまいます。
節水なのかもしれませんが、小の時も大で流さなくてはならず、あまり節水の意味が無いように感じました。設置して使ってみないとわからないものだなと良い勉強になりました。