トイレリフォームは壁紙選びも重要だということを知っていますか?

トイレリフォームを悩んでいる女性

トイレリフォームはどこまでしましょうか

トイレリフォームをお考えの場合、色々なケースがあると思います。便器が破損したので交換したいとか、温水洗浄便座がついていない便器だったのでそれをつけたいとか、トイレそのものを模様替えしたいとか、リフォームの動機は様々でしょう。
リフォーム時に留意して頂きたいのは、上下水道にかかわることなので、間取り自身を変える場合には上水と下水の配管位置を変えなければできないということです。つまり建築躯体に手を入れる大規模な工事にならざるを得ません。便器の場所をずらすとか、手洗いが無いのでトイレ内に手洗いを作るとか、トイレが狭いので面積を広げるなどの場合は、水道設備業者だけではままならないことがあります。一方で、温水洗浄便座を取り付ける程度のことでしたら、これは業者に工事を依頼しなくとも、ご自分でもできてしまう場合があります。既にトイレにコンセントがあり、設置スペースに問題がなければ、ホームセンターなどで温水洗浄便座を購入して、自宅に持ち帰って、自分で便器において、家の上水をいったん止めて、止水栓という分岐点から接続部材をつなげばできてしまいます。但し、止水栓を止めて部材を繋ぐ作業で間違うと、トイレが水浸しになる恐れもあるので、日曜大工が得意でない方にはお勧めしません。
トイレをどう新しくするかは、メーカーのショールームに先ず行くのがお勧めです。そこで機種を決定し、工事の方法なども相談して下さい。